TSKキッズ広場 withゴム動力自動車コンテスト


開催概要
場  所 高崎もてなし広場
集客見込 6,000人程度

高崎市青年商業者研究会(TSK)は商業者の視点から高崎市の産業の発展に寄与することを目的とし活動しております。この活動の一環として、中心市街地の活性化を目指し「キッズ広場」・「ゴム動力自動車コンテスト」と称する事業を開催してまいりました。
「キッズ広場」では、対象を子供に絞り、その保護者も含め来場者を中心市街地へ向けることを目指し、近年「もてなし広場」を中心に開催しております。
子供達を対象に集客要素を「健全な青少年の育成」・「交通安全啓蒙」・「防災・防犯意識の向上」・ 「環境意識の向上」・「家族コミュニケーションの場」と定め、様々なアトラクションを催し、来場者数においても成果を出しております。
「ゴム動力自動車コンテスト」では、地域振興を目的に参加者だけでなく、観衆をも巻き込めるイベントとして、開催しております。参加自動車が、スピード、走行距離といった、単に走ることのみを追求するものではなく、製作から走行まで参加者全員が一丸となって生まれる達成感、その周囲の人たちを巻き込んで生まれる高揚感、こうした感覚を核に地域全体に新たな盛上がりが生まれる当会発端イベントとして定着されることを目指し継続されてきました。
また、社会問題として久しい、エネルギー問題を踏まえ、自動車の動力としては、考えもつかなかったゴムを動力とした自動車が、実際に人を乗せて走ることができるということを通じて、動く乗り物に対する定義の見直しを図ることも目指しています。
昨年は、高校生チームの参加や県外からの問い合わせの多数あり、益々注目が集まるイベントではないか感じており、近年では「フジテレビ」「日本テレビ」「NHK]などの取材、教材への掲載等、マスコミ関係にも、取り上げられることもあり、地域独特のイベントとしての発展に力を注いでおります。
「キッズ広場」における対象が、子供及び保護者であることに対し「ゴム動力自動車コンテスト」では、青年層も集客が期待でき、幅広い層に楽しんで頂けるイベントだと考えております。


2019ゴム動力自動車コンテスト

2018ゴム動力自動車コンテスト

2017ゴム動力自動車コンテスト

2015ゴム動力自動車コンテスト

2014ゴム動力自動車コンテスト