会長所信

第34代会長 TSK 瀬間貴洋 Takahiro Sema
2017スローガン 実行継承飛躍

高崎市青年商業者研会(TSK)第35第会長職に拝命致しました、長井昭雄と申します。より一層身を引き締め、会の発展の為に精一杯つとめさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。高崎市青年商業者研究会は高崎市中心市街地の商店経営者が集まり1958年に設立、その後時代の背景から市内の商業事業者及び従事者が幅広く参加し、現在60年の歴史を持つ高崎を拠点に活動する青年団体の1つです。また、名誉会長は高崎市長が歴任しており、事務局は高崎市役所商工振興課内に設置され、市政と密着した活動を行っております。会のモットーを主とした活動を行い、自己のスキルはもちろん、高崎市の発展の為に日々努力を行っています。私は本年、当会の行動指針を『実践・貢献・真価』と掲げております。自らの役割を再確認し決意したことを実際に自分で行い実践する。また、物事や社会のために役立つように力を尽くし貢献する。そして会員一人一人が本当の価値や能力を発揮し真価する。本年度は、以上のスローがンにより全会員が一丸となって会の運営・活動を行い会の活性化を図り、同じ志を持つ仲間を増やしTSKの周知を広げ、新規会員を20名以上獲得し、本年会員数60名体制を目指していきます。

1会の目的・主な活動内容

当会は、「商業経営について自主的な研究を行い、その改善向上を図り、もって高崎市の産業の振興発展に寄付すること」を目的とし、【研修・奉仕・和】をモットーに活動をしております。外部から各界の講師を招いて講師例会、研修例会、家族間の親睦を深める為の親睦例会など、各種事業計画を立てる例会などを行っております。会のモットーにもある「研修」の中で社会人としての各会員の資質向上、会員の研鑽に努め会の活性化を図ります。また「奉仕」の方法や意義、商業の社会的使命の重要性を認識し、消費者に奉仕する。「和」として様々な方々との親睦や懇親会を行い、各会員の和、お客様との和、地域の和、すべての和を大切にする。

2地域活性化の推進

当会主催イベントでもある「キッズ広場withゴム動力自動車コンテスト」の開催。参加協力を行っている「高崎春まつり」「高崎まつり」「縁日広場」「高崎えびす講市」等、地域のイベントを通して中心市街地の活性化に注力します。

3創立60周年記念式典の開催

本年度当会は、創立60周年を迎えることになりました。これもひとえに行政をはじめ関係各機関の皆様のご支援、ならびに先輩方のご指導、ご鞭撻の賜物と深く感謝しております。TSKの輝かしい歴史と伝統を築いてこられた皆様方へ感謝の気持ちをこめた、創立60周年記念式典を開催致します。この記念式典は、先輩方が築いてこられた文化歴史があるからこそ開催することが出来ます。これまでのTSKを築き上げてこられてきた全ての皆様に心から感謝し、そして次の世代に繋げていく式典にしていきたいと考えています。今年度、すべての事業に対しましてご協力をお願い申し上げると共に、行政をはじめ関係各機関の皆様ならびに先輩方に置かれましては、より一層のご指導、ご鞭撻を賜ります様、お願い申し上げます。

4新規会員募集

TSKは高崎市内で事業を営んでいる方又は高崎市内で勤務されている方、年齢43才未満の様々な業種の経営者、従業者の集まる会で現在幼名の会員が在籍しております。各種イベントを通して地域社会への貢献、そして異業種の様々な人に出会う機会あり繋がりが持てます。研修会及び自己のスキルアップや同じ経営者の仲間同士で相談や情報交換を行い、毎月例会を開催しております。オブザーバーでの参加も歓迎していますのでお気軽にお声掛けお待ちしております。