会長所信

第36代会長 泉 裕次郎
2019スローガン 本質の追求

2020年1月より高崎市青年商業者研究会(TSK)第37代会長を拝命賜りました小金澤努と申します。皆様には、日頃から私達TSKの活動に対して、ご支援・ご協力を頂いておりまして、厚く御礼申し上げます。
この一年間、団体活動を通じ地域に対して貢献できるよう、精一杯努力していく所存でございますので、どうぞ宜しくお願い致します。
高崎市青年商業者研究会は1958年に高崎市中心市街地の商店経営者が集まり発足し、現在は高崎市内の経営者及び経営幹部で活動する異業種の青年団体です。また、当会の事務局は高崎市役所商工振興課内に設置されており、市政とのパイプを活かしながら地域密着の活動をおこなっております。

当会設立の目的

当会設立の目的は、「商業経営について自主的な研究を行い、その改善向上を図り、もって高崎市の産業の振興発展に寄与すること」と定義されており【研修・奉仕・和】をモットーに活動しております。

ALL FOR TSK

会員一人一人が、どこまで会を想い・考え・行動を起こし、みんなで共有し
又、その為にはどんな活動をするべきか。人格を磨き、能力を高め、自己の啓発、成長、会の育成に努める。以上の事を叶え、より良い会創りを目指します。

1会の目的・主な活動内容

当会は、「商業経営について自主的な研究を行い、その改善向上を図り、もって高崎市の産業の振興発展に寄与すること」を目的とし、【研修・奉仕・和】をモットーに活動をしております。外部から各界の講師を招いて講師例会、研修例会、家族間の親睦を深める為の親睦例会など、各種事業計画を立てる例会などを行っております。会のモットーにもある「研修」の中で社会人としての各会員の資質向上、会員の研鑽に努め会の活性化を図ります。また「奉仕」の方法や意義、商業の社会的使命の重要性を認識し、消費者に奉仕する。「和」として様々な方々との親睦や懇親会を行い、各会員の和、お客様との和、地域の和、すべての和を大切にする。

2地域活性化の推進

当会主催イベントでもある「キッズ広場withゴム動力自動車コンテスト」の開催。参加協力を行っている「高崎春まつり」「高崎まつり」「縁日広場」「高崎えびす講市」等、地域のイベントを通して中心市街地の活性化に注力します。

3新規会員募集

TSKは高崎市内で事業を営んでいる方又は高崎市内で勤務されている方、年齢43才未満の様々な業種の経営者、従業者の集まる会で現在幼名の会員が在籍しております。各種イベントを通して地域社会への貢献、そして異業種の様々な人に出会う機会あり繋がりが持てます。研修会及び自己のスキルアップや同じ経営者の仲間同士で相談や情報交換を行い、毎月例会を開催しております。オブザーバーでの参加も歓迎していますのでお気軽にお声掛けお待ちしております。